ノンケミカルのデメリット1

ノンケミカルのデメリットを知っていますか?

紫外線散乱剤の粒子の影響により、白浮きした仕上がりになりやすいというところが、デメリットです。それを気にするという人も結構多いのです。
そして紫外線散乱剤の粒子の影響によって、肌へのなじみが悪いということもあります。伸びが良く無いので、なじませたり伸ばしたりすることが大変というように感じることもあるでしょう。
手軽に使いたいと思う人にとっては、使用感が悪いと感じるかもしれません。

 

その他のデメリット

汗により日焼け止めが落ちるイメージ

粒子が肌の水分や皮脂を吸着してしまうという特徴があります。そのため、乾燥しやすいということがあります。日焼けをするということにより乾燥が気になることもありますので、それに加えて日焼け止めによる乾燥は出来れば避けたいと思うものかもしれません。
水や汗に流れやすいということがありますので、UVカット効果についてはSPF値の表示よりも短い時間ということになります。水や汗によって落ちやすいということは、逆に言えばクレンジング要らずで落とせるというようにも取れますので、それについてはデメリットと思わない人もいるかもしれません。
実際に使用をしてみることにより、デメリットと感じるかそうではないかも変わる場合もあります。