紫外線散乱剤

紫外線散乱剤について

強い紫外線イメージ

肌の表面で、紫外線を反射して拡散することにより、UVカットが出来る仕組みになっています。酸化チタンや酸化亜鉛などのミネラル成分です。ほとんどのオーガニック製品のUVカット成分も、紫外線散乱剤なのです。
保湿成分としてオーガニックを使用しているものを、オーガニック製品というように呼んでいます。紫外線を散乱することにより、肌や製品を守るという物質の紫外線散乱剤ですが、これについてあまり深く知らないという人は多いです。

 

紫外線散乱剤を深く知っておきましょう

特にUV-A防止の効果が高いのが、紫外線散乱剤です。物理的に跳ね返すというようなシンプルな方法により、紫外線を防ぎます。そのため処理出来る紫外線の種類を選ぶ紫外線吸収剤よりも、幅広い波長の光に対しての対応が可能ということも、特徴と言えるでしょう。
現在では、少量で高い紫外線散乱効果を持つ成分が世の中に出てきていますので、今までのような白浮きを気にすることが無くても、大丈夫になってきました。
そういったことから、有機系紫外線吸収剤を使用せずに、紫外線を防ぐノンケミカルの日焼け止めが低いコストで作れるようになったのです。そして色々なメーカーからこういった日焼け止めが販売されています。